第27回PI日本ディストリクトコンベンション

アンカープログラムの記録

日 時      :2017年4月21日(土)~22日(日)
場 所      :軽井沢プリンスホテル
参加クラブ:6クラブ

                (鹿児島AC,東京AC,尾道AC,IBU大阪AC,高崎AC,奈良AC)
参加者数   :アドバイザー5人、アンカー 15人 合計20人

1.初日のプログラム  4月22日(土)

①12:30~13:40 到着した人達で会場のにれの木において自由討論、昼食
②13:50~15:00 開会式・旗の入場、アンカー旗は参加のアンカークラブ会長、不参加のアンカークラブは親クラブのパイロット会員がアンカー旗を持って入場行進を行った。
③15:00~16:30 アンカーミーティング(にれの木に於いて)
2016年度のアンカー活動報告を中心に各クラブからの発表があり、参加者との意見交換を行う。
(書記はIBU大阪ACの笹田真衣さん
④18:10~

・就任バンケット・PI日本ディストリクトの役員就任式

・2017-2018クラブ会長の就任式が行われました。
・PI・PIFFの表彰の後、AAC会長の荒木環先生の進行で

  各アンカークラブの紹介が行われ、その後ファカルティ

  アドバイザー(アンカーアドバイザー)が1分以内で

  自己紹介。         
・アンカーアワード表彰

   年間最優秀賞、優秀賞、チャレンジ賞の表彰が行わ

  れた。
  ★最優秀賞   高崎アンカークラブ
  ★優秀賞    尾道アンカークラブ
  ★チャレンジ賞 東京目白アンカークラブ、

                         IBU大阪アンカークラブ、

                         東京アンカークラブ、
         鹿児島アンカークラブ
*奈良アンカークラブと仙台アンカークラブは年間活動報告書未提出及び年間優秀アンカー賞への応募がない為、表彰においては対象外となった。
・就任バンケットにおいてはスポンサークラブの皆さんはじめ全国から参加のパイロット会員の方々と食事を共にしながら交流ができ、楽しい時間を過ごすことができた。

2.2日目のプログラム 4月23日(日)

①  8:00~  8:30 メモリアルサービスに参加し、この1年間に亡くなられたパイロット会員の方々(5名)へ各クラブから追悼のお言葉があり、参加者全員でご冥福をお祈りする。 
②  8:45~11:45 救命講習会 軽井沢消防署救命救急係の3人のご担当者の方からアンカーの皆さんを中心に講義と体験実習があり、救命処置の仕方を学んだ。心肺蘇生、AEDの使い方等一人ひとりへ親切な指導・アドバイスを受け、アンカーの皆さんにとって貴重な体験となった。各自に普通救命講習修了証が発行され、後日参加の皆さんへ送付済み。

③12:00~13:00

昼食の後
   13:00~14:00 全体会に合流し2017-2018活動方針や第96回PICの案内、
第28回DC案内PI役員就任、ガバナースピーチなどを聴く。
④14:15~14:55 アンカークラブの為の交流会
アンカークラブを持つ親クラブ(スポンサ―クラブ)会長及び会員、アンカーコーディネーター、DAC役員、アンカーアドバイザー、アンカーの皆さんとの交流会。予定された時間よりも集合が遅れたため、短い時間での意見交換となった。アンカーの歴史やパイロットクラブの事を知ることが大事。アンカーの新入会員の入会促進がその年の状況が変化するので悩みである。PIからの補助がなくなつたこと等考えるとアンカーの登録料はDAC・日本ディストリクトとして無料にして欲しい等々の意見が出ました。

(以下の写真は、コンベンション参加のアンカー、アドバイザーの皆さん)