2016-17年度

 

ガバナー ごあいさつ

 

 パイロットクラブは「友情と奉仕」をモットーに、より良い社会実現の水先案内人(パイロット)になることを理想として活動する国際民間奉仕団体です。

 人道主義的な奉仕活動を促進するための基金「PIFF」(パイロットインターナショナル・ファウンダーズ・ファンド)の設立により、世界各地のパイロットクラブの活動に対する助成金、障がい者施設への支援、若者への奨学金など積極的な活動を続けてきました。


 1990年開始の「脳関連障害」への奉仕に焦点をあてた活動は現在も継続されており、
・脳関連障がい者への支援と寄付を呼び掛ける「パイロットウォーク」
・子供たちに脳を守る大切さを訴える寸劇「ブレインマインダーズ」
として、各地のクラブがさまざまな工夫を加えて実施しています。

 また近年は「Pic Me Ups」(ピックミーアップス:介護者への支援)にも焦点をあてており、各地で独自のプログラムを展開しつつあります。

 

 7月5日よりカナダのモントリオールで第95回パイロットインターナショナルコンベンションが開催されます。世界各国の会員とともに友情と奉仕の輪が広がり、パイロットの素晴らしさを再認識できる機会となることを期待しています。

 2016-2017年度は95年というパイロットインターナショナルの長い歴史を引き継ぐとともに、新しい一歩を進めることを目標に奉仕活動を進めてまいります。

 お気軽にお近くのパイロットクラブの奉仕活動にご参加ご協力下さいますようお願い申し上げます。

                                                                         2016-2017年度ガバナー
                                                                         川原 和美