PI 日本ディストリクト 

 

第1回

 

パイロットクラブ・エール賞

第1回パイロットクラブ・エール賞 選考結果

 
 全国のパイロットクラブから推薦をいたただいた第1回パイロットクラブ・エール賞は、厳正なる審査の結果、次の方々に決まりました。
 
囲碁の会       代表 木谷 正道 様 
グループ銀河 代表 和田 啓子 様
                                                                             (お名前五十音順)
 
 パイロットクラブは、パイロットインターナショナルの使命に共鳴する奉仕団体を支援し、日本の各地に前向きの変化を起こすことを目標としています。

パイロットクラブ・エール賞は、受賞者の方々の素晴らしい活動に敬意を表し、益々のご活躍を心より願っております。

 

パイロットクラブ・エール賞贈呈式

~パイロットクラブ・エール賞を木谷正道氏に贈呈~

 6月22日、桜東京パイロットクラブのご協力により東京の国際文化会館で、パイロットクラブ・エール賞の授賞式が行われ、中島ガバナーエレクトから木谷正道様に賞状と賞金を贈呈しました。

 

 この模様は、ITを使いこなされている木谷様によりネット配信で一般の方々にも生中継され、YouTubeでご覧いただけます。<http://miracletv.site/?p=3342 授賞式(6月22日13:30~>


 木谷様は受賞の挨拶の中で、次のように述べられました。

 「日頃は皆様へエールを送る側ですが、このたびは私がパイロットクラブ・エール賞をいただくことになり、大変嬉しいです。この賞は、私一人ではなく共に活動している仲間と一緒に受賞したと受け止めています。(コロナ禍の現況を鑑み)今、まだ何も終わっていません。今、始まったばかりです。これから何をしたいのか、何ができるのか、自分の考えをしっかりと表現し、人と関わっていくことを始めましょう。」

 

木谷正道様ご紹介   「心の唄~共に生きる」


 神奈川県平塚市に生まれ、東京大学卒業後都庁勤務。

 在職中に幼なじみから「僕たちはもっと地元に関心を持つべきではないだろうか」と意見され少しずつ地元に関わるようになる。

 自然災害を前提とした町作りを提唱し、地域のコミュケーションの重要性を訴える。「すてきなまちをみんなでつくる」「市民がつくる福祉」など参加型の市民活動を推進。造詣の深い音楽と囲碁を通して、高次脳機能障がいの方々の心を和らげ、温かな交流のあるボランティア活動を展開している。

 


①第1回パイロットクラブ・エール賞 要綱
第1回パイロットクラブ・エール賞【要綱】.pdf
PDFファイル 154.2 KB
②第1回パイロットクラブ・エール賞 申請書
第1回パイロットクラブ・エール賞【推薦書】.pdf
PDFファイル 117.9 KB