PI 日本ディストリクト 2013~14 活動報告

日本ディストリクトPI理事会代表 Judy Langley氏ご挨拶

パイロットインターナショナル会長
ジュディ・ラングレイ(注1)


新しいパイロット年に当りご挨拶申し上げます。
日本ディストリクトに理事会代表として参加することは本当にエキサイティングです。ルイジアナ州ニューオーリンズでのパイロットインターナショナル・コンベンションからの情報は、クラブ・デリゲートから間もなくお聞きになることと思います。2012年の戦略計画調査への皆さんの反応に基づいて、PI理事会は事務局長とともに奉仕活動の焦点を3つの中心的分野「パイロットのA、B、C」に当てました。すなわち、Aアンカークラブ(若者開発とリーダー)、B脳の安全と健康、そしてC援助が必要な家庭へのケアです。企画した私たちと同じように、皆さんがこの新しい取り組みに熱心であることを望んでいます。そうすれば、パイロットとアンカーは世界中のコミュニティで私たちの任務の遂行を促進することができます。パイロットは、アンカーが他の地域で活動するための援助、あるいは、ふさわしい若者への奨学金、奨学生寮の学生への援助のための資金調達を通じて、Dream Ahead(夢へ前進)をサポートできます。BrainMindersの新しい材料も開発されて共有できることになるでしょう。Be Mindful(こころ配りを)運動では、アンカーが思慮深い行動のモデルとなり、また、若い学生に個人としての責任を教えることを目指します。あなたは何を考えていましたか? ゲーム中頭を守ってください。Be Safe!(安全に)は、チームスポーツ、バイク、スケートボード、ドライブの際などでの脳を守る習慣を、中・高校生に教える運動です。Safe Kid Worldwide(世界中の子供を安全に)と組んで、パイロットクラブはSafe Kids Day(子供の安全日)に参画する機会が得られます。Think H.A.P.P.Y(幸福を考える)、Be H.A.P.P.Y(幸福になる)、Be BRAIN FIT!(脳を健康に)を通じて、パイロットは、前向きに考える健康的なライフスタイルへ転換するよう人々を促し、全ての年齢層の人たちのためのコミュニティ奉仕活動の機会を拡げることができます。Pick Me Ups(元気付け)運動を通じて、パイロットは、すべての種類の介護者に向けて、毎日のルーチンの苦労からの一時的な休息、退避、延期の機会を提供して、サポートと勇気づけを行うことができます。パイロットは、11月第2週、初めての年1回のInternational Care & Kindness Week(国際ケア&親切週間)に参加するようお勧めします。詳しい情報はPI本部から間もなく提供しますので、Constant Contact(注2)にサインアップしてあることを確認して下さい。すべてのクラブがこの新しい運動を取り入れて、コミュニティへの働きかけと奉仕活動の更なる機会に恵まれますよう期待します。あなた方が行なっている素晴らしい事がらについて知りたいと思いますので、皆さんのクラブのニュースを是非送って下さい。大成功の年になりますように心よりお祈り申し上げます。

訳者 (注1)パイロットインターナショナルを代表して、PI会長は就任と同時に、

       ディストリクトにおける理事会代表(ECR)にも就任します。
   (注2)Constant Contact社が提供するEmailを用いるグループ通信手段の

                   一種