PI 日本ディストリクト 2016~17

2016-17 研修会開催

東京 9月10日(土) リガーレ日本橋人形町 アネックス棟
広島 9月11日(日) 広成開発ビル大会議室

 

  今期研修会が東京・広島の2会場で開催され、全国から延べ150名が参加しました。DACを始めとするスタッフ14名は、東京から広島へ夜の間に大移動となりましたが、参加して本当に良かったという参加会員からの感想がたくさん寄せらせ、元気の出る今期スタートとなりました。

 川原ガバナーは今期方針の中で、会員増強について、会員一人ひとりがパイロットについて良く学び、自信と誇りを持ってパイロットクラブの広告塔となりましょうと呼びかけ、頷きながら聞き入る会員の姿があちこちで見られました。鎌田ガバナーエレクトによるPIC報告には森主PIC副委員長による映像でのPIC紹介が続き、パイロットウォークについてのお知らせを植原ルテナガバナーが行いました。
続いて「これだけは知っておきましょう」と題する杉村パーラメンタリアンによる会員の心得、PIFF助成金について、アンカークラブについてと時間どおりに午前中が終了。

 午後一番は自己紹介ゲーム「あなたは誰?」で楽しく盛り上がって始まりました。
その後広報担当によるHPを更新して若い会員の獲得につなげましょう、プロジェクト部と資金調達部からのアンケート集計による情報提供と事例発表と続き、コーヒーブレイクで一息。 最後に川原ガバナーが今期一番の課題と訴え、1クラブ3名の増員を目標にと呼びかけているメンバーシップ部による意見交換会に入りました。

東京会場では富山PC、ダイヤモンド東京PC、マルベリー東京PC、盛岡PC 広島会場では奈良PC、広島PC、さつまPC、熊本PCがそれぞれの会員増強への取組方法、工夫、反省等を発表しました。発表者のパイロット歴、年齢は様々でしたが、パイロットに対する考え方やその方の人間性や情熱が良く伝わって、改めてパイロットの人材の豊富さを感じる時間でした。
また発表を聞く会員たちの「クラブ発展のために何かを得よう」という熱気が会場にあふれ、1時間半のブレインストーミングが短く感じられました。